病院で治療できる性器のコンジローマ

性感染症のひとつであるコンジローマは、性器や肛門付近にイボができます。皮膚や粘膜の小さな傷からヒトパピローマウイルスが感染することで発症します。感染後、3週間から3ヶ月程度の潜伏期間を経て、男性の場合も女性の場合も性器や肛門付近にイボができ、症状が進行すると鶏のトサカ状のイボができるようになります。
コンジローマは炎症などがなければ痛みやかゆみなどの自覚症状がありませんが、性器や肛門付近にウイルスがいるため、性行為やその類似行為によってパートナーにもうつすことがあります。そのため、早めに病院にて治療を受ける必要があります。男性であれば泌尿器科、女性であれば産婦人科を設けている病院を受診します。大きい病院であれば、性病科を設けているところもあります。パートナーも同時に感染している場合もあるため、ペアでの検診や治療を行うことです。コンジローマには潜伏期間があるため、現在は症状が見当たらなくても、数ヶ月経ってから新たに発症することがアリアmす。
コンジローマの治療では、イボのある場所や症状、大きさによって治療法を変えます。一般的には、液体窒素によって凍らせてからイボを取り除く冷凍療法、メスで切り取る外科的切除、電気メスでイボを約電気灼熱、レーザー光線でイボを取り除くレーザー蒸散などがあります。塗り薬もありますが、イボの場所によっては使えない場合もあります。
コンジローマは再発しやすいため、治療後最低3ヶ月間は再発がないことを確認することになります。体の抵抗力が弱った時に感染しやすいため注意が必要です。また、梅毒にかかった場合でも同じようなイボができることがあるため、梅毒にかかっていないことを確認します。